文化財調査 cultural-assets-inverstingation

業務紹介

埋蔵文化財発掘調査・調査支援・出土遺物整理

埋蔵文化財発掘調査

埋蔵文化財は、地中にうずもれている文化財で通常は遺跡と呼ばれている場所をやむを得ず開発する際に、発掘調査を実施します。

都道府県・市町村等が遺跡の管理をしており、当社では、当該官公庁の指示の元調査を実施します。

出土遺物の整理として、遺物の基礎整理から報告書の作成まで行います。

報告書掲載用遺物撮影(赤外線撮影)

報告書掲載用遺物撮影(赤外線撮影) 木簡などの墨書を判読するために赤外線写真撮影を行います。

遺物保存処理(木製品・鉄製品)

遺物保存処理(木製品・鉄製品) 出土遺物を後世に残すため、出土木製品・金属製品の保存処理をしています。

主な遺物保存処理実績

遺跡名(遺跡所在地) 保存処理方法 対象遺物・数量
増山城跡Ⅱ(富山県) 糖アルコール 木製品・2点
石塚蜻保遺跡(富山県) 糖アルコール 木製品・40点
徳万頼成遺跡(富山県) 糖アルコール 木製品・17点
中曽根遺跡(富山県) 糖アルコール 木製品・30点
小竹貝塚(富山県) 糖アルコール 木製品・56点
富山城下町遺跡(富山県) 糖アルコール
鉄製品
トレハロース
木製品・150点
鉄製品・36点
木製品・150点
与島C地点遺跡(岐阜県) PEG 木製品・13点
下切遺跡(岐阜県) PEG 木製品・18点
波寄三宅田遺跡(福井県) 糖アルコール 木製品・48点

3Dモデル作成

遺跡や遺物の3Dモデルを作成しています。

業務の流れ

現地
発掘調査

現地発掘調査は、専門調査員が確かな調査を実施します。
また、測量部、撮影部と連携し、発掘調査を円滑に進捗させます。

整理
作業

遺跡からは、多くの種類の遺物が出土します。個々の遺物から情報を最大限に引き出します。

  • 遺物の洗浄
  • 注記
  • 遺物の接合・復元
  • 遺物実測図作成
  • トレース(アナログ・デジタル)
  • 遺物写真撮影
報告書
作成

現地発掘調査・整理作業で得られた情報を正確に判断し、適切な文章・図面を作成します。

マイナビ
採用情報(新卒・中途)はこちらから
ページトップへ